n-star h-star star

ソフレがいる割合について

ソフレとは添い寝をする男女関係の事を指しますが、徐々に浸透しつつあります。
ですがセフレと同様にあまりその関係を公言するものではありませんから、実際にはどれぐらいの人がソフレを作っているのか予想もつきませんよね。

実はあるアンケート調査では、全体の20%の人がソフレを作った経験があると答えています。
あなたはこの数字を見てどう思いますか?
男女で同じベッドに入って、セックスをしないで添い寝だけして満足する人が20%もいるの?と驚く人もいるかもしれません。

満足する20%の存在を知ること

ですがソフレの相手を探す時には残りの80%の人の存在も意識しなければいけません。
どういう事かというと男性の中には下心つきで相手を探している人が混じっているという訳です。

添い寝だけだと女性を安心させる事で、女性を容易にホテルまで連れてくる事が可能になります。
それどころか無防備に同じベッドで横たわっている訳です。
言葉は悪いですが、鴨がネギを背負ってやってきたようなものです。

そのまま男性に襲われたというトラブルも起こっているので、女性は警戒心をもっと持たなければいけません。

また男女別で見ると、圧倒的に女性の方が多いというデータになっています。
それは女性の方がセックスをするよりも添い寝をするだけで満足する人が多いという意味になります。
この事に関しては納得の結果ですよね。

女性はセックスそのものよりも、ギュッと抱きしめてもらう事や人肌の体温に安心感を得る人が多いのです。
そもそもセックスに対する身体の負担を考えれば、抱かれる側である女性の負担の方が大きくなります。
負担が大きいからこそ、セックスはしたくない添い寝で十分と考える訳です。

寂しさが一番の原因

ちなみにどんな時にソフレが欲しくなるのか?という問いに対しての回答も紹介します。
やはりダントツで多い理由は、人肌が恋しい時です。
恋人と別れてしまった直後だったり、寒くなる冬になると人肌が恋しくなる人が増えます。

また恋人がいる場合でも恋人と喧嘩してしまったり、会いたくても恋人が忙しくて会う事が出来ない。
そんな時の埋め合わせの存在として求められるケースもあるようです。
ただしラブホに男女で入って「セックスはしていない添い寝だけだ」と説明したところで世間はそれを理解してくれないでしょう。
浮気をしているのに認めたくないため苦しい言い訳だと思われてしまいます。

なので本当にセックスをしていないから恋人を裏切っていない、後ろめたさを感じていないという場合でも会う時は慎重に周囲にバレないように行動するべきだと言えます。


ソフレがいる割合についてへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ