n-star h-star star

ソフレとのスキンシップのボーダーライン

ソフレとのスキンシップのボーダーライン
ソフレとは同じベッドで添い寝をする訳ですから、凄く距離は近いですよね。
女性の中には腕枕を求めたり、後ろから抱きしめるように寝て欲しいなどを希望する人もいるかもしれません。
ではソフレのスキンシップは、どこまでOKでどこからがNGとなるのでしょうか?

まず添い寝の定義とは、同じベッドで寄り添って眠る事です。
赤ちゃんや小さい子供を寝かしつける時に、お母さんが隣で添い寝をする事が添い寝のツールだと言えます。
なので人肌を感じる距離で、安心感を得るために添い寝をしている訳なので同じベッドでも端と端で離れていたら意味がありません。

ボディタッチの境界線

スキンシップは、軽いボディタッチまでなら問題ないという認識の人が多いでしょう。
ただ問題は軽いボディタッチにどこまで含まれるかですよね。
例えばくっついて眠る、ハグをする、手を繋ぐのはセーフですが、抱きつくのはNGです。
ハグと抱きつくの違いって何?と思う人もいるかもしれません。

要は親密度の違いだったり、セクシャルな要素を含むかどうかという違いだと言えるでしょう。
ソフレとは添い寝をするだけの関係なので、セクシャルな要素を含むボディタッチはNGだと言えます。

また添い寝をする男女の関係性によっても、スキンシップのボーダーラインは違ってきます。
小さい頃からお互いの事をよく知っていて、まるで兄弟のように育ってきた幼馴染同士であれば距離感は近いと言えます。
お互いに絶対に性的な関係として見る事はないという自信もあり、抱きついても全然平気かもしれません。

距離を縮めてルールを作ることが必要

逆に添い寝をする相手が欲しくてネット掲示板を利用し、で知り合ったばかりの初対面の相手だとしましょう。
この場合は相手がどんな人なのかよく分からないという警戒心もあります。
なので最初はスキンシップも少なめで距離も空いているかもしれません。
ですが何度が会って添い寝をするうちに、警戒心も緩まりスキンシップも多くなるというケースもあるでしょう。

また人それぞれパーソナルスペースが異なります。
すごく距離感が違い人もいれば、ある程度離れていないと安心できない人もいます。
なのでその時の状況や相手との関係性、そして相手の性格を考慮した上で、自分たちが安心して添い寝をするために必要なスキンシップをするのが1番だと言えます。
なのでスキンシップのボーダーラインは、添い寝をする相手と2人でルールを決める事をオススメします。
このように2人の間でルールを決めておく事で、快適なソフレ関係を築く事が出来るでしょう。


ソフレとのスキンシップのボーダーラインへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ