n-star h-star star

ソフレとの時間を充実させる3つの気遣い

ソフレとの時間をもっと充実させるためのちょっと工夫することを考えたことがありますか。
ただ添い寝するだけでもいいけど、ちょっと気を使うだけでお互いが楽しい時間を過ごせるなら、魅力的に聞こえますよね。
もちろん、必ずやらないといけないことではありません。
手軽に用意できるのは、セミダブルベッド、もこもこのパジャマ、甘いお酒の三点セット。
全部あっていけないことはありませんが、全部揃える必要はありません。
3つの中ではセミダブルベッドが一番ハードルが高いかもしれませんね。

少し大きいセミダブルベッド

添い寝をするのですから、寝具は大きければ大きいほどいいのです。
可能ならセミダブルサイズがあればはかどります。
大きければいいはといっても、キングサイズまでは必要ありません。
憧れはしますけどね。
というか、異性と一緒に寝る目的が、添い寝と違う目的なら広い方がいいのはもちろんですが、添い寝ならセミダブルくらいがちょうどいいのですね。
シングルサイズだと間違いが起こるかもしれません。
なにより、広いサイズのベッドのほうがゆっくり眠れます。
添い寝しなくても、一度広いベッドの快適な寝心地を知ってしまったら、元のシングルサイズには戻れませんよ。

もこもこのパジャマ

あなたが女性なら、もこもこのパジャマを用意しておくのもオススメです。
実は、もこもこで厚手なパジャマを着るというのは、エッチなことをしないという意思表示になるのですね。
間違いを起こさないためにも、最初の段階で自分たちの関係がソフレであることをフレンドの彼に認識させるのは重要なことです。
これを間違えて、ソフレのはずがセフレになった、そういう事故は多いのですよ。
それには、厚手のパジャマが好都合なのです。
店頭には見た目がかわいいパジャマがたくさん売られていますが、かわいさを追求するのはほどほどにしましょう。

あなたが男性の場合は、パジャマをソフレにプレゼントするのもいいでしょう。
パジャマなら相手を誤解させることもありません。
下着は誤解させかねないから、注意しましょうね。

甘いお酒

ソフレに期待するのは精神的な安心感でしょう。
添い寝が大事なのは当然ですが、会話も重視したいですね。
ゆっくりおしゃべりを楽しむならお酒も用意しておきたいところです。
少しアルコールが入れば唇も滑らかになるものです。
あなたが男性なら、アルコール度数が低く、甘いお酒を用意しておくと好感度アップ。
反対に、アルコール度数が高くすぐに酔いそうなものはいけません。
女性から、酔わせてどうするつもり?と疑われることになっては大変です。
男性にその気がなくても、女性に不信感を抱かせてしまうだけです。

女性も同じです。
アルコールを用意するときは、度数の低いものがおススメなのは変わりません。
ソフレと添い寝した翌日に二日酔い、というのは嫌ですよね。


ソフレとの時間を充実させる3つの気遣いへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ