n-star h-star star

ソフレと恋愛は違うもの 勘違いしないでね

会社の女性後輩からよく抱きつかれ好意を抱かれているかもしれない

ある日、会社の後輩の教育係になりました。
その子は、それなりにかわいい子でしたが、異性を意識するような好みのタイプの女の子ではありませんでした。

最初は普通に社内で仕事のことを話す程度の関係でしたが、昼食を一緒に食べに行くようになったころに、プライベートな話もするようになりました。
そして、仕事が終わっても、仕事のメールだけでなく、個人的な内容のメールも交換するようになっていきました。

ただし、男の後輩とも似たようなことをやっていましたので、ぼくとしては業務の一環としてこなしていただけでした。

抱きつくらい仲良いが恋愛対象ではない

いま思えば転落の最後の一歩は、彼女を夕飯に連れて行ったことでしょう。
たまたま彼女と退社する時間が同じになったときがありまして、「飯でも食って帰ろうか」と言いました。
金曜日でしたし、二人ともアルコールが入ったのもあると思います。
店を出てから彼女がぼくの腕に絡んできたんです。
久しぶりの感触で、若い女の子に抱き着かれて悪い気はしませんでした。

その日は彼女を駅まで送って終わりでしたが、それ以降、露骨に彼女がぼくに甘えてくるようになりました。
そうなれば、ボクに気があるのかなと考えるのが普通でしょう。

告白しても振られて気まずい関係に

もう思い出せませんが、どのタイミングかで、彼女を家にあげることがあったんです。
酔ったとか、遅くなったとかそんな感じだったと思います・・・忘れたい過去だから思い出せませんが。
もちろん、ぼくのほうに特別な感情はありませんでしたから、手を出したりはしませんでしたが、家にあげるだけでなく、同じ布団の中に入って一緒に眠るようにもなりました。
同衾を繰り返せば、愛着がわくのが男というものですよね、ね?

その気持ちはだんだん大きくなっていって、二人きりのタイミングでぼくのほうから思い切って告白することになりました。

結果、「そんなつもりはなかった」というありがちな返事をいただきました。
ほかに、彼女はぼくのことが「ソフレのつもりだっただけ」と話していたのは覚えています。

そして、ぼくの告白をきっかけに関係がだんだんと気まずくなっていきました。
もちろん、彼女がぼくの家に来ることも、甘えてくることもなくなりました。
それまで会社で自然に会話していたのが、うそみたいに全く話さなくなりましたね。

我慢できず退職した。

女のネットワークって怖いですね。
気が付いたら会社中に知られていましたよ。
もちろん、ぼくが一方的に勘違いして無理やり迫ったというストーリーに改変されていました。
最後には上司にまでバレて、「恋愛は自由だが、後輩に手を出すのはどうかと思うぞ」というありがたいお言葉がトドメになりましたね。
ぼくだって、向こうが思わせぶりな態度を見せなければ勘違いしなかったんだよ。

ほかにも言いたいことは山ほどありますが、もう過ぎたことです。
結局会社も辞めることになりましたし。
また元の一人だけの生活に戻ってしまいました。

ソフレって何だよ
入浴剤かよ、チクショー
おかげで会社にいづらくなってしまったじゃないか

寂しいから掲示板でソフレを見つけて慰めてもらおう。


ソフレと恋愛は違うもの 勘違いしないでねへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ