n-star h-star star

ソフレと添い寝する時間の長さは?

ソフレと添い寝する時間の長さは特に決められている訳ではありません。
そのため2人の都合のいい時間で構わないと言えるでしょう。
例えば人によってはソフレとは添い寝をして、癒されたりリラックス出来ればいいと考えているとしましょう。
その場合は1~2時間と短時間で終わるケースも珍しくありません。

人によっては寂しい夜に一緒にベッドに入って、朝までぐっすり眠りたい。
その場合だと24時に寝て朝の7時に起きた場合は、7時間添い寝をした計算になります。
また時間の長さは添い寝をする場所や2人の関係性にも影響すると言えます。

まずはラブホテルでお試し

出会い系サイトで知り合った相手と添い寝をする場合、自宅に呼ぶのも相手の家に行くのもリスクが大きすぎます。
そのため添い寝をする場所はホテルとなります。
ホテルでも宿泊する事が可能ですが、ラブホの場合は宿泊よりも休憩の方が料金がリーズナブルです。

ソフレとは元々友達関係や出会い系サイトで知り合ったけれど何度も会って親しくしている。
信頼関係が成立している場合は、自宅のベッドで添い寝となりお金の事を気にしなくてもよくなります。
むしろ終電が終わった後にタクシーで帰るとか不便なので、そのまま泊まるケースが多いでしょう。

ただし友達関係だとしても相手や自分に恋人がいたり既婚者のケースもあります。
その場合は頻繁にお泊りすればソフレの関係がバレてしまうリスクが高まってしまいます。
なので添い寝も短時間になりますし、既婚者の人妻の場合は夜ではなく昼間に添い寝を希望するかもしれません。

添い寝の頻度

頻度に関しても添い寝を求める頻度は人それぞれ異なります。
夜中に1人でいると寂しさや孤独を感じるから癒される事が目的の場合でも、ずっと寂しい訳ではなく平気な時もあれば寂しい時もあります。そんな気分の波があって週に1回や月に1回のペースで添い寝を求める訳です。

なので相手を選ぶ時には人柄や外見だけでなく会える時間帯や会える頻度、ライフスタイルが合うかどうかも重要なポイントとなります。
さらに長時間を希望する場合は寝る時の環境が部屋の電気は全て消すのか夏や冬は室温をどう設定するのかなど、熟睡したいと思うのであれば条件を挙げるとキリがありません。

特に女性は冷え性で夏場でもなる時はかなり高めにクーラーの温度を設定します。
男性は逆に暑がりでクーラーはガンガンにかけておきたい人が多く、夫婦間でもなかなか安眠が難しい状況です。
それを踏まえた上でソフレと安眠出来る方法を考慮して下さい。


ソフレと添い寝する時間の長さは?へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ