n-star h-star star

ソフレにしたくない人の特徴

ソフレとは同じベッドで添い寝をする関係の事です。
ですが添い寝をする事をセックスをするよりもお手軽と考えている人は多いと思います。
しかし添い寝をする目的とはリラックス効果や快眠効果を求めていますよね。

そして目的を達成するためには、実はソフレの方がセフレや恋人を作るよりも難しいのかもしれません。
よく同棲しているカップルや結婚している夫婦でも、寝室は別という人は珍しくありません。
それはなぜかというと、好きな相手であっても一緒に寝る相手としては適さないと判断したためです。

ライフスタイルが合わない人

もちろん中には人と一緒にいると眠れないという人もいるでしょう。
またライフスタイルが大きく異なり夜型と朝型など、寝る時間帯が大きく異なると寝室が同じだとしんどく感じるでしょう。
ですがそれ以外にも添い寝には向かないタイプの人がいます。

添い寝に向かない人とはソフレを選ぶ上でも避けなければいけない人と言えます。
ではどういう人が添い寝に向かない人なのかその特徴を紹介していきます。

まず寝ている間に煩い人は添い寝向きではありません。
寝ている間は誰もお喋りなんてしないから、みんな静かなんじゃないの?
そう思う人もいるかもしれません。
ですが寝ている本人は気づいていなくても寝ている間に煩い人は実は案外少なくありません。

無意識の行動が癇に障る人

寝言をいう人やイビキが大きい人、ストレスが溜まっている人などは寝ている間に歯ぎしりをする人もいます。
このように寝ている間に音を立てる人とは正直一緒に寝るには煩いので、ソフレ向きとは言えません。

また煩くなくても寝相が悪い人も一緒に添い寝をすると大変です。
寝ている間に蹴られたり腕が当たったりして起こされたり、他にも直接身体は当たっていなくても掛布団や毛布を引っ張って独り占めしてしまう人もNGです。

あとは男女で一緒に寝る場合に問題になるのが体感温度の違いです。
特に夏場に起こりやすいのが寝ている間の空調の温度です。
男性と女性とでは男性の方が暑がりで、女性は冷え性なので寒がりの人が多くなっています。
そのため男性の体感温度に合わせて空調を下げてしまうと女性にとっては寒すぎて、逆に女性に合わせて空調を上げてしまうと男性にとって暑すぎて眠れないのです。

このようにどんなにその人自身はいい人であっても、一緒に寝るには適さない人はいます。
なのでそういう相手はソフレに選んではいけません。
ただ難しいのが寝言やイビキなどは自覚症状がない事も多く選ぶ段階で避ける事が出来ず一度寝てみないと分からない事も多いと言えます。


ソフレにしたくない人の特徴へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ