n-star h-star star

ソフレにははっきりした始まりも終わりもない

何ごとにも始まりがあれば終わりがあります。
そのことはソフレも変わりません。
ソフレが認知されてからはまだそれほど時間は経っていませんが、死が二人を分かつまで、関係が続いたケースは聞いたことがありません。
いずれの関係もどこかの時点で終わりを迎えているのです。
つまりフレンドとの関係はステディなものではありません。
だからフレンドと添い寝できなくなっても落ち込まないでいいですよ。
また新しい相手を探せばいいのです。

始まりはバイト先の知り合いか掲示板

ソフレの始まり方は、いつの間にかというのが圧倒的に多いのですね。
それどころか自分たちの関係が添い寝フレンドだということを意識していない人たちもたくさんいます。
もちろん掲示板を利用している人たちは最初からそのつもりですが、そうでないと自分たちの関係をちょっと特殊な友人関係くらいにしか考えていないのが普通です。

始まり方のパターンとして多いのが、学生がバイト先の異性といつの間にか添い寝する関係になっていたというものです。
シフトが同じ相手と一緒に帰っているうちに、どちらかの家に寄るようになって、気が付いたら添い寝していた。
最初は、話しているうちに遅くなったから、そのまま家に泊まったという流れです。

曖昧な関係の方が素を出せる

ソフレのメリットは、異性と一緒にいても気を使わなくていいということです。
恋人と一緒にいると、楽しいけど精神的に疲れるという本末転倒な男女は多くいますよね。
その点、フレンドと一緒だと余計な気を使う必要がありませんから、むしろ恋人といるよりも気が休まることもあります。
だからこそ、フレンドからすれば異性の見たくない姿まで見えてしまうことにもなるのですね。
ですが、当事者たちが添い寝とはそういうものだと織り込み済みですので、そんな姿をさらしてしまっても、フレンドとの関係が続くのですね。

恋人とのお泊りデートではいびきや寝相の悪さが気になって、一晩中ろくに眠れないような繊細な人でも、フレンド相手にそんな心配はしなくていいのです。

終わりは自然消滅が8割

緩い関係がメリットのソフレは、その緩さゆえに終わりも突然に訪れます。
しかも、終わりが来たことに当事者自身が気づかないことも珍しくありません。
そういえば最近連絡していないな、とふとした拍子にフレンドとの関係が終わっていることに気づくのです。
それは恋愛のようにはっきりと終わらせる必要がないからでもあります。
恋人ができたから終わらせないといけないものでもありません。
だから恋人ができたとしても終わらないが、気が付いたら終わっていたというのがほとんどなのです。


ソフレにははっきりした始まりも終わりもないへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ