n-star h-star star

ソフレに向かってこんな言葉は言わないで

ソフレは信頼関係で成り立っています。
曖昧な関係ですから、この関係は簡単に壊れてしまいます。
しかも、一度失われた信頼を取り戻すことは困難です。
そして、曖昧な関係なればこそ、関係の修復を図ろうとする意欲がわいてこないのです。
したがって、一度壊れた関係は修復できません。

そこで、ここでは信頼関係を壊す言葉を紹介します。
言葉はついうっかり口から出てしまうものだからこそ、日頃から気を付けたいですよね。
たとえ、頭の中に浮かんだとしても、決して口にしないように気をつけましょう。
ソフレでなくても、日常の何気ない一言が他人を傷つけることがあるから気をつけましょうね。
結局、余計な一言は「言わぬが花」です。

やらせてよ

「やらせてよ」
添い寝フレンドに絶対に言ってはいけないセリフがこれです。
やることをやってしまったらそれは「セフレ」です。
それが嫌だから添い寝をしているわけで、この一言を発した瞬間に二人の添い寝フレンドの関係は終わります。

ちなみに、「やらせて」ほしいと発言したその人物は、もう二度と添い寝では満足できなくなります。
彼、あるいは彼女(だいたい彼でしょうが)は残念ながら添い寝には向いていなかったということです。
いつ襲われるか分からない状態では安心して眠れませんよね。

体臭がきつい

「体臭がきつい」
一緒に寝ることになるソフレでは、どうしても体臭が気になってしまうものです。
もともと体の相性を考える必要のない添い寝では、性格的に一緒にいること自体に不快感は感じなくても、体臭が合わないことがあり得ます。
それでも、それを面と向かって発言してしまっては以後の関係の継続は困難になります。
相手の体臭が気になるときは、おとなしく添い寝する相手を変えることを考えましょう。
体臭が気になると一緒に眠ることは不可能です。
また、その臭いを我慢するほどのモチベーションを維持するのも難しいですね。
なにせソフレに対して、そこまでの愛着がありませんからね。
恋人なら我慢のしようもありますが、添い寝フレンドでは話が違ってきます。
関係の破綻覚悟で体臭ケアをお願いしてみるのはありかもしれませんが、オブラートに包んだ表現をしないと人格を疑われますよ。
新しいフレンドに乗り換えるにしても、その新しい相手の体臭が気にならない保証はありません。
どこかで妥協するしかない問題ですね。
相手にとっても、あなたの体臭が悩みの種かもしれませんから。
お互い様の気持ちで乗り越えましょう。

寝言がうるさい

「寝言がうるさい」
他人の寝言も、安眠を妨害する原因になります。
しかも、一度寝言で起こされてしまうと、その後は相方の寝言が気になって眼が冴えてしまいます。
だからと言って、それを面と向かっていうのは破滅への道です。
寝言は本人の意思ではどうにもなりません。
なにせ本人は寝ているのですから。

本人にはどうにもできないことで、他人を責めるのはフェアではありません。
単に相手を傷つけるだけです。
それよりも、寝言がうるさくて眠れないようなら、フレンドと一緒に眠る機会を減らして、徐々に距離を取ることにしましょう。
自然消滅にもっていくしかありません。
そうすれば誰も傷つきませんし、傷つけることもありません。
それにおそらく、本人は自分の寝言に気づいています。
言わなくても分かっています。
したがって、仕方がないとあきらめて、安心して添い寝ができる相手を探しましょう。


ソフレに向かってこんな言葉は言わないでへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ