n-star h-star star

ソフレに関して今一度認識してもらいたい

ソフレ(添い寝フレンド)とはよく言うが、では一体何人の人がこのソフレ(添い寝フレンド)に関して正しい認識を持っているのだろうか。未だに知名度は国内で10%ほどと低いソフレ(添い寝フレンド)だが、ここまで注目されている理由を調べてみた。

ソフレに関して

◆ソフレはセフレの派生系!?

『セ』の次は『ソ』ということでセフレに対してソフレと言う言葉が生まれたという説もある。

この説だけを信じるならば『セ』を超えるということはかなりピンクな関係かと思われがちだが、ソフレには肉体関係は一切なしと言うルールが設定されていることを考えるとその関係はライトだ。

正直添い寝だけでは済まなさそうなものだが、ある一線を超えたらソフレの関係は解消となり今後一切合わないと言う徹底ぶりな若者も増えている。

◆ソフレの不思議な関係はネットで賛否両論

『彼氏(彼女)はいらないし別にエッチなことなんて無くてもいいから一緒に寝てくれるソフレが欲しい』

という草食系な意見がある一方で

『一緒に寝て肉体関係が無いなんて意味がわからない』

という肉食系な意見もある。

 

ソフレ肯定派の人たちの共通点は寂しさを埋めるためにソフレ募集をするという。

交際相手がいても彼氏(彼女)では埋めることの出来ない心の隙間をソフレで埋める若者が増えてきている。

◆ソフレがNYのセラピーに!?

アメリカニューヨーク州(以降NY)では添い寝が新しいセラピーとして話題を集めている。

セラピストはお客さんに対してなぜ添い寝をして欲しいのか質問しながら診断する。

その後ベットやソファで頭を撫でながら添い寝をすると言うサービスだ。

感情が開放されて涙をながす顧客もいるのだとか。

 

人は誰かに頭をなでられるとオキシトシンやドーパミン分泌される

 

それで感情が開放されるのでは無いだろうか?

 

NYの添い寝セラピーは少し趣旨が違うが秋葉原の添い寝屋と似たところがある。

 

 

誰かに寄り添って安心感を得たいという気持ちが具現化されたのがソフレ(添い寝フレンド)であり、身体ではなく心を通わすことが可能なソフレ(添い寝フレンド)こそが現代の真の恋人という存在になりつつある。


ソフレに関して今一度認識してもらいたいへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ