n-star h-star star

ソフレの全貌について

ソフレが男女間で添い寝をする関係だという事は知っていても、不安や疑問を持つ人も少なくないでしょう。
なのでその全貌について紹介していきます。
まずソフレを作る人が現在増えてきていますが、実際にはどれぐらいの人がその関係に肯定しているのかというと、10%前後だと言われています。

つまりまだまだ理解されずに誤解されがちな関係だと言えるでしょう。
そのため作る場合も公言しない方が賢明です。

ですが医学的に見ても、男女間で添い寝をする事はメリットのある関係なのです。
お互いに恋愛感情がない関係であっても、男女間で添い寝をするだけで恋愛ホルモンのオキシトシンは増加します。
そしてストレスホルモンのコルチゾールは低下したという研究データがあります。
その結果、添い寝をするのとしないのとでは健康に大きく影響すると言えます。

アメリカではセラピストとして仕事になっている

そのためニューヨークでは添い寝セラピーがすでにビジネスとして成立しています。
ストレス社会の現在社会だからこそ、時代に合ったサービスだと言えるでしょう。
最近はストレスで不眠症の人も増えています。

ですが隣で人肌を感じて、相手の規則正しい鼓動だったり寝息が聞こえてくるとつられて眠くなる傾向があります。
添い寝をする事で寝つきがよくなったという人も少なくありません。

またセフレを作るよりもソフレを作る方が抵抗が少なくハードルが低い事もポイントです。
そもそも男性にも女性にも性欲は存在しますが、みんながみんなセックスをしたいとは思っていないのです。
実際に女性の30%近くの人がセックスはあまり好きではないと答えています。

セックスからの解放により精神の繋がりを重要視する時代

恋人とのセックスで感じているフリをしていても、実際には気持ちよくないと感じている女性は少なくありません。
その証拠に結婚をして子供が生まれるとセックスレスになる夫婦が多いですよね。
もちろんその中にはマンネリ化だったり、育児に追われて体力的に無理だったり、相手に性的な魅力を感じなくなった事なども理由と考えられます。ですが元々セックスがあまり好きではなく義務的に行っていた場合は、出産を理由にセックスから解放されたと思っている人もいるでしょう。

そして男性の方も若い人を中心に草食系男子が増え、セックスに淡白な人が増えています。
またセックスを上手く出来ない男性はその事に強いコンプレックスを感じています。
ですが添い寝であればテクニックも何も必要なく、ただ一緒に添い寝をするだけなので上手く出来ないとコンプレックスを刺激される事もありません。
その結果セフレよりもソフレを選ぶ男女が増えてきているという訳です。


ソフレの全貌についてへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ