n-star h-star star

ソフレの火付け役は漫画家山崎紗也夏!?

今でこそ普通に浸透してきた添い寝フレンドことソフレ。草食系男子や絶食系男子が増えたことによってその拡大範囲は若者の間で爆発的に広がりました。秋葉原には添い寝屋なる添い寝専門店が失言したりと今なお注目の的だ。

 

そんな添い寝フレンド(以後ソフレ)の火付け役になったとされるのが漫画家の山崎紗也夏(やまざきさやか)だとされている。

 

彼女の書く漫画の中に「シマシマ」という作品があるのだが、コレがソフレの始まりだと言われている。

ソフレの火付け役は山崎紗也夏の「シマシマ」

この漫画の物語としてはおおまかに説明をすると離婚後に半睡眠障害に陥った主人公の女性シオが友達ガイと添い寝をして癒やしを得た経験から添い寝ビジネスを思い立つ。そして彼女は「ストライプ・シープ」という添い寝屋を立ち上げる。

このストライプ・シープの日常を中心にシオの成長と人間関係を描いていくと言う漫画。

 

2011年にはドラマ化されており主人公のシオを矢田亜希子が友達のガイを三浦翔平が演じた。

この他にも福士蒼汰など今をときめく俳優が出演したことで話題となった。

 

今秋葉原にある添い寝屋も東京を中心に浸透している添い寝カウンセリングと言った添い寝ビジネス発展の裏側にはソフレ人気があるのだが、ソフレが流行るより先に山崎紗也夏は添い寝に目をつけていた。漫画家の感性とは凄まじいものだ。


ソフレの火付け役は漫画家山崎紗也夏!?へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ