n-star h-star star

ソフレの男女の認識の差

ソフレとは添い寝をするフレンドという意味の言葉で、近年増加傾向にあります。
しかしながら男性と女性とでは認識に差があるようです。

基本的に女性の方は肯定的な意見が多くなっています。
「自分も欲しい」「セフレよりも需要がある」「性欲を介さないこうゆう男女関係があってもいいと思う」などです。

対して男性の方は女性と比べて否定的な意見が目立ちます。
「一緒にベッドに入って添い寝だけとか拷問すぎる」「絶対エッチをする自信がある」「自分には無理だし理解出来ない」などです。

性欲が目的を邪魔する

それでもソフレを募集する男性は、セックスに興味がなくて添い寝だけを求めているはずだ。
そんなふうに女性は信頼しているかもしれません。
もちろん女性と同じベッドに入っても性的に興奮しない男性がいない訳ではありませんが、ごく少数派です。

健全な男性であればやはり女性と同じベッドに入れば、ムラムラしてやりたいと思う人が圧倒的に多いと言えます。
そのためセックスはしない約束だったのに、ベッドで男性に襲われてしまったり襲われるまではいかなくても男性が勃起してしまうというトラブルは起こっています。

添い寝をする時は2人だけの空間で行われるケースが多いので、トラブルが発生した時にすぐに助けを呼ぶ事が出来ません。
添い寝とは同じベッドで男性の隣で無防備に寝る行為です。
だからこそ相手は本当に信用しても大丈夫な相手なのか、しっかりと選ぶ必要があると言えるでしょう。

また男女の認識の差について紹介しましたが世間的な目についても考慮しなければいけません。
例えば本当にセックスはおろかキスも手をつなぐ事も一切せずに、添い寝だけをしている男女がいるとしましょう。
彼らはお互いにソフレ関係で癒され満足をしています。

パートナーがいる場合は徹底して関係を隠す

ですが世間がそれを許してくれるでしょうか?
もちろん公言する必要はありませんから2人の秘密として隠し通せれば何も問題はありません。

でも恋人にバレてしまった場合はどうでしょうか?
2人がどれだけ「何もしていない」と潔白を訴えたとしても信用してもらえる可能性は低いと言えます。
添い寝のためにラブホで2時間2人きりの時間を過ごしているところを探偵が浮気調査で報告したとします。

ラブホの部屋の中で添い寝をしただけだという事を証明する手立てが何もありません。
むしろ男女が2時間ラブホにいて何もしない訳がないと認識されて浮気していると判断されてしまうでしょう。

なので恋人がいる人や既婚者の人は、ソフレを作るのではなく恋人や夫婦間で添い寝が出来る良好な関係を築く事を心掛けましょう。


ソフレの男女の認識の差へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ