n-star h-star star

ソフレは当事者が望む限り続けていい関係

ソフレは恋愛関係や友人関係に比べればあいまいな関係といえます。
だから、いつまでその関係を続けていいのかということが気になる人も多いのも事実です。

結論から言うと、いつまで続けていいかの答えは、いつまでも続けていい、です。
当事者の二人がその関係を良しとするなら、終わらせる必要はありません。
いまの関係が心地よいなら、終わりを焦らなくても大丈夫です。
その状態をいつまでも続けていいのです。

大学生までがソフレ卒業だと思っていた

一般的にソフレの入り口は学生時代です。
異性との交遊関係が広くなる学生時代は、添い寝だけの関係を作りやすいのですね。
大学に入ると、それまで同性との友人関係だけだった交友関係が一気に異性にまで広がります。
そのため、たくさんの異性の友人の中から、友だち以上、恋人未満な異性がたくさんできますから、その中の一人と添い寝することも珍しくありません。
異性の友だちに恋愛の相談をして、そのまま添い寝、よくあるパターンです。
どちらかの家に行って長話、ついでの添い寝だったのが、いつの間にか添い寝だけが目的になったら立派な添い寝フレンドの出来上がりです。
仮にどちらかに恋人がいたり、新しくできたりしても、この関係は続いたままのこともよくあることです。

大人になってもソフレの需要はある

学校を卒業したからといって、添い寝からも卒業する必要はありません。
むしろ大人になってからのほうが添い寝の需要は高いのです。
社会人ともなれば、人恋しいと思っても、恋愛が面倒に感じることもあります。
いろいろと忙しくて時間がありませんから、新しい人間関係を作ることが億劫なのですね。
特に、過去の恋愛に嫌な記憶が残っている人の場合、恋愛を敬遠する傾向にあります。
その一方で、異性と触れ合っていたい欲求もまた否定できません。
大人になると、その矛盾した、わがままな要望をソフレで満たすのです。

シニア世代のソフレもドラマ化して需要がある証拠

ソフレは、年齢的にセックスはしたくないというシニア層にも需要があります。
シニア世代は、異性と精神的にはつながっていたくても、肉体的な関係は体力的に負担だからセックスをしません。
しかし一緒にいたい。
そういうシニア世代の関係はまさにソフレと言えます。

ドラマ「やすらぎの郷」はそのような男女の姿を描いてヒットしました。
だから、いつまで添い寝の関係を続けていいのだろうかといえば、死ぬまで安心して続けていいのですね。


ソフレは当事者が望む限り続けていい関係へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ