n-star h-star star

ソフレは性欲との戦い

ソフレに求められるのは一緒に眠ることです。
しかし、男性からすれば、女性と同じ布団で眠っていると、眠るだけでは物足りないと感じてしまうのは仕方ありません。
人間だもの

が、それをやってはいけないのがソフレなのです。
一線を越えてしまうと、相手の女性が二度と会ってくれなくなるうえに、警察沙汰になることもあります。
それは本意ではないでしょう。
男性にとっても、一人で眠る寂しさを紛らせるのですから、ほとんどの人はそれで満足しているのです。

最初は何も感じなくても

どうしても一線を越えてしまいそうだと心配な人は、掲示板を利用するのは一緒に寝るだけの相手、ソフレを探すためだという認識をしつこいほど自分に言い聞かせましょう。
最初は純粋に添い寝だけを求めているという意気込みがありますから、ほとんどの人は何も感じないものです。
少なくとも、そのつもりで女性との時間を過ごそうとします。
それでも、実際に女性の横でベッドに入ると、眠るどころか逆に眼が冴えてきてしまいます。

肌が触れ合うと本能で反応する

意志の弱さに自信のある男性の場合、女性が男性のぬくもりを求めて抱き着いてきたりすると、さあ大変。
女性が男性のぬくもりを感じられるということは、男性も女性のぬくもりを感じられるということですから、肌が触れ合えば、本能が反応してしまうのは自然の流れです。
ここまでは、そういうものと受け入れるしかありません。
あなただけではありません。
むしろ健全な男子の証拠です。
よかったね。
男性の健全性を確認した後は、男性の性欲を抑え込む手段を講じなければなりません。

抑えきれないならトイレでオナニー

本能が求めていたって我慢するのがソフレです。
何度確認しても確認しすぎることはありません。
決して襲い掛かってはいけません。
本能が目覚めても、眠ることができればその問題は解決しますが、残念ながらそうもいかない時もあるでしょう。
そんな時はトイレに駆け込みましょう。

性欲を抑えきれないなら、トイレでオナニーをして発散するしかありません。
トイレですっきり、賢者タイムで布団に戻っておとなしく眠ってしまいましょう。
ニオイ・・・は、まぁ、シャワーを浴びるなりして何とかごまかせ。
女性に気づかれてしまうと、二度とあなたと添い寝してくれませんよ。
いえ、一度たりとも添い寝してくれません。
精液のニオイに一気に身の危険を覚えてしまいますから。

添い寝を続けて信頼を勝ち取れば、我慢の先に何かがあるかもしれません。
その時までの辛抱です。
ここまでのお話でも、なお自制する自信がない人は、添い寝以上のことはしないという催眠術をかけてもらいましょうか。


ソフレは性欲との戦いへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ