n-star h-star star

ソフレ募集体験談

どうもライターのDです。
今日は僕が実際にソフレ募集をした時のお話をさせていただきます。

今若い世代の間(10代~20代)、特に女性の間ではソフレ(添い寝フレンド)が流行っているのは皆さん知っていますよね?

僕も今でこそソフレと聞いて【添い寝フレンド】のことだとすぐに解りますが、最初はボディーソープの薬用ソフレを連想しました。
先輩に

「そうじゃない、添い寝フレンドだ。これを見てみろ!!」

と言われとあるサイトを見せて頂きました。
それがこのサイト。
ソフレ募集体験談
まさか自分がこのサイトのライター集団(ソフレに関してプロ集団)に配属されるとは思ってなかったので、その時は雑談程度に聞いていたのですが先輩が

「明日からお前もこのライター陣と同じ班になってもらう。
そのためには取材に行かなくちゃなww」

そう言って肩を叩かれました。

取材って・・・え?

僕にソフレを作れと?

無理無理無理無理無理無理。

だって僕には彼女がいるんですよ?
それもかなり鬼なんですよ?

いくら取材とは言えどこれはバレたらチョークスリーパー確定ですよ!?
ソフレ募集体験談
そんなことは知らんとばかりに愉快に笑いながら持ち場へと戻っていく先輩・・・
はぁ。

憂鬱だ・・・

こんな時にはソフレを作るものだと何かの記事で読んだが、ソフレを作ることに憂鬱になってるのにソフレを作れと!?

あんたは鬼か!!

そんな経緯があり実際にソフレ募集をしてみました。

感想は・・・

あれこんなにあっさりと出来るものなの?

という感じ。

その夜はソフレと2人で過ごしたんですけど、彼女に断りを入れるのはヒヤヒヤですよ。

「え?今日帰ってこないの?どっかで浮気してるんじゃないよね?」

そんなことは滅相もございません・・・
ソフレとはいますけどソフレは浮気にはなりません。

生きた心地のしなかった夜の初取材は無事に終わりました。
あれから3ヶ月。
結局この時ソフレになった汐里ちゃんとは今でもたまに一緒に添い寝しています。

もちろん鬼の彼女には内緒で・・・


ソフレ募集体験談へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ