n-star h-star star

ソフレ持ち急増中!ソフレを作る理由とは

「ソフレ」という言葉を、あなたはご存知でしょうか。

馴染みあるセックスをする友人は「セフレ」、今女子大生の間で流行っているキスをする友人を「キスフレ」と呼ぶらしいですが、ソフレとは一体何なのでしょうか。

ソフレ

そこで今回は、「ソフレ持ち急増中!ソフレを作る理由とは」を、実際にソフレ持ちの男女にインタビューした体験談を交えながらご紹介いたします。

ソフレっていったい何?

今、ネットや小説などでよく耳にする「ソフレ」という言葉。

これは、「セフレ」が派生した単語だと言われています。「ソフレのソ=添い寝」という解釈で”添い寝する友人”という意味で「ソフレ」が根源だそう。

しかし、仮にも男女が同じ布団で眠るのがソフレ。正直添い寝だけで済まなさそうですが、肉体関係を持たないことは出来るのでしょうか?そこで、ソフレ持ちの男女にお話を伺いました。

一緒にいて安心感を得られる

「幼稚園の時とか、よくみんなでお昼寝とかしてたじゃないですか。ソフレってそんな感じで、誰かと一緒に眠ると癒されるんですよね。」と洋子さん(24歳)は語ります。

洋子さんは、社会人一年目で慣れない職場と人間関係でストレスを溜めながら職場と家を行き来する生活を送っていました。

「そんな時に彼氏がいたらいいんですけど、恋愛となると何だかちょっと気が引けて・・・。ある時、なんとなくホームページを見ていたら”ソフレ”っていう単語があって。調べていくと、どんどん興味が湧いてきてセフレを募集している掲示板を検索して、登録したんです。まぁ、寂しさもあったのかな。それが、ソフレとの初めての出会いでしたね。」と洋子さんは話します。

これは、僕も意外でしたがソフレを募集する女性が必ずいるということ。ソフレがいると、ちょっとした寂しさをお互いに埋め合えるよう。中には、「隣で異性が寝ていたら絶対に襲ってしまう。添い寝だけとかあり得ない」と否定的な意見もありました。

添い寝をするだけの関係の為、お互いに干渉することもなく深く長く信頼できる『友達以上恋人未満』と理想的な関係を保てるのも、ソフレが絶大な支持を受けている一つの理由です。

ソフレは理想的な関係?!

肯定派の人たちに共通するポイントは、寂しさを埋めてくれる相手や自分を癒してくれる相手として「ソフレ」を求めている様です。お互いに交際相手がいても、交際相手では埋められないような心の隙間を埋めてくれるのが「ソフレ」という存在です。

この「ソフレ」は、実は日本だけではなく、海外でも利用されているです。

アメリカ合衆国にあるニューヨーク州では、添い寝は新しいセラピーとして話題を呼んでいます。

そのセラピーでは、来店した顧客に対して何故添い寝をしてほしいのかを訊ねるところから始まります。

そして、ソファやベッドで顧客を抱き締めて、相手を労わり愛しむように優しく頭をなでながら添い寝をします。

そのセラピーは、恋愛ホルモンといわれている「オキシトシン」や幸福ホルモンとして脳が快感を覚える「ドーパミン」が分泌されるのだそう。

『誰かと一緒にいて癒されたい』と思う人の気持ちが形となって表れたのが「ソフレ」です。

セフレの様に、肉体関係を交わすのではなく心を通わせることで関係が成立する「ソフレ」こそ、僕らが望んでいる理想の恋人の姿なのかもしれない。


ソフレ持ち急増中!ソフレを作る理由とはへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ