n-star h-star star

寝ている間にソフレにキスされました

この前ソフレのA子と寝ていたら…

かなりドキドキする出来事が起こりました。

ていうか今でも思い出すとドキドキしますw

いつもは、添い寝をしながらグダグダと色々な話をする…っていう感じなんですが、その日は2人ともいつの間にか寝てしまったんです。

実は添い寝をする前に、A子の家で宅飲みをしたため、お互い酔っ払ってしまいましてw
しかも俺もA子もあまり酒に強いタイプではないので…2人してそのまま爆睡しちゃったんですよね。

んで、気持ちよ~く眠っていたわけなんですが…

ふと、意識が戻りましたw

ふわっとした意識の中で

唇の辺りに、何か不思議な感触を覚えたからです。

あと、何か熱い空気のようなものも感じました。

ぼんやりとした頭で「なんだろう?」と思いつつ、うっすらと目を開けると…

すぐ目の前にA子の顔が!

そうです、なんとA子は、俺にキスをしていたのです。

例の不思議な感触は、A子の唇によるものであり、熱い空気のようなものはA子の吐息だった…ってわけです。

俺は一瞬、軽くパニックになりましたが、何故か身体が固まって動けませんでした。

なのでひとまず、そのまま薄目で様子を窺うことに。

A子はキスを止めると、しばらくトロンとした目付きで俺を見つめ、ハァ…とため息をつきました。

そして、何事もなかったかのように、再び俺の横にゴロンと寝転がったのです。

今までは、A子が横に寝ていても、なんとも思いませんでした。

しかし、「キスされた」という状況のせいで、やたらドキドキしてしまい、しまいにはジンワリと汗までかく始末w

俺はしばらく目を閉じたまま、精神を落ち着かせることに集中しました。

そして、「あ~…やっべー、寝ちゃったよw」とかなんとか言いながら、さもよく眠っていたかのように起き上がりました。

A子もA子で、「んっ…あ~、私も寝ちゃったw」と、目をこすりながらあくびをしていました。

一見とても自然なあくびでしたが、俺にとってはとてもわざとらしく見えましたw

「うわ、もうこんな時間か。俺明日仕事だし帰るわw」
「うん。じゃーね」

ソフレ以上の関係ではないのか!?

俺は何食わぬ顔でA子の家を出ましたが…

帰り道はそりゃあもう大変でしたよ、ドキドキがおさまらなくてw

「単に寝惚けていただけか?それかまだ酔いが残っていたとか?」

俺は色々考えましたが、キスを止めた後についた、あのため息のことを思い出すと…

どうも「故意でやったんじゃないか?」と思わずにはいられないんですよねw

当然ながら、俺はA子のことをソフレとして見ていますから、それ以上の特別な感情は無いわけですが…

もしかすると、A子は俺に対し、ソフレ以上の感情、即ち恋愛感情を抱いているのかもしれません。

そして、そんなことを考えて意識すればするほど、なんだか妙な気持ちが生じてきます。

それこそ、もうA子のことをソフレとして見られないような気がしてしまうのです…w

あの一件が起きた日以来、まだA子とは会っていません。

思い切って、「実はキスされたことに気付いていた」と明かしてみようかな…そう思っています。

寝惚けていたのか、酔っていたのか、あるいは特別な感情が?…果たしてw


寝ている間にソフレにキスされましたへのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ