n-star h-star star

童貞でソフレを作る若者

「男性の性欲は常に満たしてもらえる権利」が世界に限らず、日本にもあると言えるのではないでしょうか?
例えば風俗店では本番行為はNGとは言え、性的なサービスによって男性は誰でも欲求不満を解消する事は可能です。
また出店地域に規制があるとはいえ、全国各地にソープランドが存在し、ソープランドでなら本番行為を行う事だって可能です。

また戦時中という非常事態であっても、軍人の性欲を満たすために女性が斡旋されたという状況が「男性の性欲は常に満たしてもらえる権利」の典型的な状況だと言えます。

ですがそんな考えは横暴だと、最近は女性を中心に反対をする人々が増えてきています。
「男性の性欲は常に満たしてもらえる権利」は人々を不幸にするだけだという考えの人々です。

セックスレスの若者達

実はこんな驚きのデータがあります。
現代社会の60代の男性の4割近くは、現役でセックス行為をしているのに対して、20代の男性の4割近くは童貞だというのです。
残りの6割は童貞ではないとはいえ、セックスレスになるカップルや夫婦が少なくない事を考慮すれば6割全員がセックスをしているとは考えられません。そうすると60代よりも20代の男性の方がセックスをしていないという状況が浮かび上がります。

従来であれば、20代が男性の性欲のピークであり、最もセックスをする時期だと考えられてきました。
ですが若者を中心に、セックスに興味がない人が増えている事がこのデータからも分かります。
ちなみに60代とはバブル世代で、ガツガツとした時代を過ごしてきた世代ですから60代になっても精力的な人が多いと考えられます。

育った環境が大きく異なるとはいえ、衝撃の結果だと言えるでしょう。
そのため今流行りのソフレに関しても、20代の若者であれば理解出来る考え方だし、自分自身も経験があると答える人もいるかもしれません。
60代の男性であれば、同じベッドに女性がいるのにムラムラしないなんて信じられないと真逆の答えを返すはずです。

現代の若者は60代と真逆の行動を取る

ソフレの価値観を共有できるのは若い世代が中心です。
そのため若い世代の男女が行っている訳ですが、20代男性の童貞率が4割だという事を考慮すればセックスはした事がないけれど、女性と同じベッドに入って添い寝はした事があるという男性が結構な数存在すると考えられます。

なんか余計に緊張してしまいそうな気がしますが、失敗を恐れる若者にとってはセックスという行為はリスクが大きすぎます。
それよりも人肌が感じられて一時的にしろ孤独や不安を癒してくれるソフレという関係の方がセフレよりもずっと魅力的な存在だと言えるでしょう。


童貞でソフレを作る若者へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ