n-star h-star star

検証してわかるシニア世代のソフレ需要と関心度

先週の金曜日から一気に検索ボリュームが上がってきて世間のソフレに対する関心度が高まっているのを実感しています。
一番検索数があったのは先週の金曜日がピーク時からは落ち着いたものの以前に比べて約1.5倍近くの検索平均数をキープしています。
その中でもユーザーの興味を示したのはソフレの概要と投稿した記事でした。

シニア世代の「ソフレ」がトレンドになりつつある!?

やはり「やすらぎの郷」がトレンドワードとなっており、そこを中心に関心が集まっているようでした。
そこから流入した当掲示板のソフレ概要は若年者向けに作っており説明が足りない部分もあったので加筆しておく必要がありました。

これからソフレは全年齢対象として扱う

ソフレと言う言葉が生まれたのは2010年以降だと思っています。当掲示板も稼働して3年の月日が経ちましたがソフレの需要は年々増えている傾向にあるのはデータをみると明らかです。
10年前にはその傾向は若者の中でも見られていました。極端に寂しがりな女の子、草食系男子の増加が注目され始めたのもこの時代からです。
当時付き合っていた女性からも「Hはいいからギュッとして寝たい」という要望を聞いたのを今でも覚えています。

ソフレの需要は処女率、童貞率の上昇と因果関係があるかもしれない

これから考察するにSEXに関心、興味のない女性・男性が増えているのではないかと考えるようになりました。
厚生労働省「処女率・童貞率」調査
これは管理人の推測でしかないわけですが、ソフレの需要と同じ位年々伸びて言っているのがわかります。
近年では40代を超えても童貞、30代を超えて処女という人も珍しくありません。
もしかしたらソフレの本質には、性行為に関心はないけど1人は寂しいから誰かと一緒に居たいという「孤独や寂しさ」が根底にあるのではないかと推測しました。

大人になっても寂しさからは逃れられない

管理人の個人的な意見ですが寂しがり屋な人って「浮気しやすい人」なんですよ。1人でいるのが極端に嫌がる人って友達とかにいませんか?
ソフレやセカンドパートナーを求めている人にも似たような傾向が見られるんですね。
特に今回「やすらぎの郷」でソフレが注目されたはシニア世代にとっては衝撃的ではないのでしょうか。
「あっ!こんな関係のパートナーだったら欲しい」という欲求が刺激されたと思うんです。
それは男性にとっても女性にとっても同じ条件が揃っていると感じました。
管理人の言う条件と言うのは「性欲の減退」です。
勃起不全・閉経になるということは必然的に人間の3大欲求のうちの1つ性欲が減退していきます。だけど代わりに「安心欲」というのが生まれるのではないかと管理人は推測しています。
この「安心欲」というものは老人の浮気に対するイメージ調査で判明したことなのですが、老人の浮気の基準は「手を繋いだら」浮気というものでした。
この「手を繋ぐ」という行為で人肌に触れるのと同時に2人が繋がっているイメージがありますよね。
「人間は性欲が無くなったとしても人に触れていたい」という欲が死ぬまであるのではないかと思います。
それは心の中にある「孤独や寂しさ」が一生付きまとう為シニア層にもソフレの需要と関心があるのではないかと管理人は思いました。


検証してわかるシニア世代のソフレ需要と関心度へのコメント

コメントを投稿




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

他の記事へ